眠れない夜にオススメしたいこと7選

こんにちは!湘南茅ヶ崎、アーユルヴェーダサロンアムアーユルヴェーダYUKAです。

眠りが浅くて困っています。何かいい方法はないですか?

よくいただく質問です。

今回はアーユルヴェーダが教える眠れない夜におすすめしたいことをお届けします。

眠れない、不眠、眠りが浅い時はどうする??

眠りにつくのに時間がかかる、眠っても2.3時間ごとに目が覚めてしまう
しっかり質のいい睡眠がとれていないと気持ちも落ち着かないですし体の疲れも取れずスッキリしませんね。

今回はアーユルヴェーダ的な健康的な眠りに導く7つの方法をご紹介します。

☑寝る前にスマフォやPCなどを見ない
寝る直前まで携帯を見てしまう…という人は今の時代多いかと思いますがこれも眠りの妨げになる行動の一つです。
眠る前はなるべくリラックスする為にブルーライトを浴びない様注意しましょう。

☑熱すぎないお湯で入浴しましょう
熱すぎるお湯も神経が高ぶってしまいますので、熱すぎないお湯で入浴してリラックスしましょう。
温度は40℃程度がいいそうです。

☑いい香りを嗅いでリラックス
アロマを嗅いでリラックスするのもオススメです。
眠る前に香りを嗅いで深呼吸すると幸せな気持ちになれます♪

☑瞑想や簡単なストレッチやヨガをしてみる
瞑想やヨガをするのもオススメです。瞑想だとハードルが高ければ、簡単なストレッチでもいいです。動き自体は激しくないゆったりとしたもので、座った状態での前屈や簡単なツイストなどがいいですね。

☑頭、足の裏と耳をマッサージする
セサミオイルを使って頭と足の裏と耳をマッサージしてみましょう。アーユルヴェーダが教える安眠の為のアドバイスです。
マッサージしたあと軽く拭き取るかシャワーで流します。冬場は靴下をはいて寝てあげてくださいね。

セサミオイルでのマッサージについてはこちら

☑ホットミルク
ホットミルクにはちみつを入れる、ホットミルクにナツメグパウダーを入れるというのも安眠に役立ちます。

☑寝る前に今日幸せに感じたことを思い出そう
眠る前に今日1日にあった楽しかったことや幸せに感じたことを思い出してみましょう。
どんなに小さなことでもいいです。
『何もなかったよ!』と感じる方もいるかもしれないけど、よーく考えてみて下さいね。
必ず何かあるはずです。どんな小さなことでもいいんですよ♪
『今日は空が青くて気持ちよかったなぁ』とかでもいいのです。
楽しいことを考えながら眠りにつくと幸福度があがります。
私も寝る前に今日1日の感謝したい事を思い出しながら寝るようにしています♪

アーユルヴェーダの施術が睡眠にもオススメ

また、深い眠りにはシロダーラがオススメです。シロダーラとはおでこにオイルを垂らすアーユルヴェーダ独特な施術です。

こちらは茅ヶ崎のサロンで行っていますのでお問い合わせください。

この記事を書いた人
yuka

2012年、ヨガの指導者養成スクールに通う中でアーユルヴェーダと出会いその世界観に魅了されました。
アーユルヴェーダスクール卒業後、横浜のアーユルヴェーダサロンにて勤務、その後独立。同時に大手スポーツジムやヨガスタジオにてヨガの指導も経験。
現在はアーユルヴェーダセラピスト、そしてヨガインストラクターとして活動しています。

アーユルヴェーダを日本で広める為に、施術だけでなく講義を行う事にも力を入れています。

yukaをフォローする
ayurveda 日常
スポンサーリンク
シェアする
yukaをフォローする
AM AYURVEDA

コメント

タイトルとURLをコピーしました