PMSにも!心身を滋養するパンチャナッツを作ってみよう!

YUKA
YUKA

パンチャナッツというドリンクをご存じですか?

パンチャ=5つということで5つのナッツやドライフルーツを使って作るドリンクです。 

このパンチャナッツは一日で生殖器まで栄養が届くドリンクとされています。

アーユルヴェーダ的な栄養の届き方

通常アーユルヴェーダでは食べたものの栄養素は

①血漿(ラサ)→②血液(ラクタ)→③筋肉(マーンサ)→④脂肪(メーダ)→⑤骨(アスティ)→⑥骨髄(マッジャー)→⑦生殖器(シュクラ)の順番で行き届くと考えています。

最後の生殖器まで滋養するのに35日もかかるのです!

なので栄養価の低い物を食べ続けたり(コンビニ食や添加物etc)、消化力が弱っていると生殖器までしっかり栄養が行き届きませんので生理痛やPMSやその他婦人科系の病気が出てきたりしてしまうのです。

ここの概念はブログで詳しく紹介してますのでこちらをご覧ください。

しかしパンチャナッツは一日で生殖器、シュクラまで栄養が届くと考えられています!

 それゆえに、子宮に良いドリンクとして紹介されることが多いのです。実際にPMSがひどい方がこれを飲み続けたことで軽減されたという話もあるそうです。 

生理痛がひどく、薬が手放せないなんてお話を聞くことがあります。簡単に出来ますので是非そんな方に試してほしい簡単レシピです。

パンチャナッツの作り方

アーモンド 4個
レーズン 5個
カシューナッツ 3個
デーツ 2個
くるみ1個牛乳(豆乳) 200CC

①アーモンドを一晩水に浸けておき、翌日アーモンドの皮をむく
②デーツの種を取り除く
③これらをコップ一杯の牛乳と一緒に
ブレンダーにかける
④鍋に移して、温めます 

パンチャナッツはドクターも勧めています

パンチャナッツはインドのパルタップドクターも勧めているようです。JIVA JAPANさんのブログによると『レシピは簡単だけど、その効果はバツグン。1ヶ月続けて、その効果を確かめてほしい』と言っていたそうです。

朝飲むのを勧めていますが難しければ夜飲んでもいいそうです。

是非心身の滋養の為に簡単なレシピ、パンチャナッツを作ってみてくださいね!

この記事を書いた人
yuka

2012年、ヨガの指導者養成スクールに通う中でアーユルヴェーダと出会いその世界観に魅了されました。
アーユルヴェーダスクール卒業後、横浜のアーユルヴェーダサロンにて勤務、その後独立。同時に大手スポーツジムやヨガスタジオにてヨガの指導も経験。
現在はアーユルヴェーダセラピスト、そしてヨガインストラクターとして活動しています。

アーユルヴェーダを日本で広める為に、施術だけでなく講義を行う事にも力を入れています。

yukaをフォローする
ayurveda ハーブ・スパイス 日常
スポンサーリンク
シェアする
yukaをフォローする
AM AYURVEDA

コメント

タイトルとURLをコピーしました